2011年07月31日

初っ端から。

7月26日にロンドンの空港に到着exclamation×2exclamation×2

やったるんるんヨーロッパだぴかぴか(新しい)とウキウキしながらの入国審査晴れ

友達の情報によるとイギリスの入国審査が厳しいとのことバッド(下向き矢印)
まぁ、なんとかなるでしょわーい(嬉しい顔)って、気楽な考えが甘かったたらーっ(汗)
今回は空港に到着してから、ネットで宿を検索して行こうと考えていたので、入国カードの住所の欄には空白で、仕事の欄には無しって書いて提出したのが間違ってたもうやだ〜(悲しい顔)

入国係官が僕のパスポートとカードを見るなり、隣の係官と何やら英語でヒソヒソ。
それからが質問攻めあせあせ(飛び散る汗)

「どこに行くんだexclamation&question
「何日間滞在するんだexclamation&question
「ホテルはどこだexclamation&question
「次はどこの国に行くんだexclamation&question
「ホリデーはどのくらいだexclamation&question
「仕事はなんだexclamation&question

その質問に「転職中だよ。」「世界一周中だ」って答えたら、

「前の仕事は何してたexclamation&question
「航空券を見せてみろexclamation
「次の仕事は何をするんだexclamation&question

って、聞かれたから「カメラマンになりたいいんだexclamation&question」って答えたら、

「カメラはそのバッグの中かexclamation&question
「カメラを見せろexclamation&question
「写真を見せろexclamation&question
「貯金はいくらだexclamation&question
「借金はしたのかexclamation&question
「撮った写真はイギリスで売るつもりかexclamation&question
「日本で売るつもりなのかexclamation&question
「そもそも、お前の写真が売れると思っているのかexclamation&question

って、永延と15分ぐらい英語で質問攻めふらふら時たまiphoeのアプリで日本語表示をしてくれるからわかるものの、英語が聞き取れないし、片言の英語で応戦するのはツライがく〜(落胆した顔)


イギリスの入国審査が厳しいとは聞いていたが、まさかこれまでだったとはっっexclamation×2あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)



ヘトヘトになりながら、到着ロビーで荷物を降ろし、宿探しのためにPCをスイッチONexclamation
すると、wifiが飛んで無いたらーっ(汗)
近くの空港スタッフに聞くと、カフェの所で使えるからexclamation
って、教えてもらいカプチーノを頼みながら、
「インターネットを使いたいんだけど〜。」って聞くと、
「あそこのpc使ってexclamation」って返事。

なんだ、カプチーノを頼む必要無かったじゃんexclamation×2って思いながらPCの前へ。

1ポンド10分バッド(下向き矢印)
短いあせあせ(飛び散る汗)
「仕方ないやるか〜」、って始めてみると「yahoo japan!!」に入っても文字化けして言葉が読めないふらふら

時間が無い中なんとか、イギリスの安宿を見つけて住所もGETぴかぴか(新しい)


せっかくなので空港のレセプションでも
「安いホテルはないかexclamation&question」って聞くと
「ないexclamation×2exclamation×2」って鼻で笑われ、
「じゃあここの行きかたはexclamation&question」って聞いたら、
「なんだ、ホステルかexclamation&questionホステルならあるぞexclamation×2exclamation×2
「40ポンドだexclamation×2どうだexclamation&questionの問いに、
「14ポンドexclamation&questionなんだ安いのあるんじゃーんひらめき」(←ヒアリングが出来てないふらふら

まだわからない土地ででっかい荷物をもったまま空いてるかどうかわからないホステルをウロウロ探しにいくよりもいいか晴れって、ことで紹介してくれたホステルに決定ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

宿に着いてちょっと落ち着いてから確認すると、「14ポンド」だと思っていたのが「40ポンド」の間違えに気付き、自分の英語の出来なさと高いホステルに入っちゃったことにショックもうやだ〜(悲しい顔)


そんなロンドンの初日でしたたらーっ(汗)

自転車

盗難防止の仕方までかっこいいぴかぴか(新しい)

歩行者用ボタン

押しボタン式。なんかかっこいいわ〜ぴかぴか(新しい)

レンタル自転車

乗り方がわからないレンタルチャリひらめき

世界の国旗

戦争反対のデモらしい晴れ英語が読めないから、イマイチわかりませんあせあせ(飛び散る汗)

お気に入りの絵1

ちょっと暗いか。

お気に入りの絵2

将来の自分??

一年後はこんな感じかな〜exclamation&question
この3枚は2件目のロンドンバックパッカーホステルに書いてあったペイントぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
他にも結構いっぱい書いてあってお気に入りでした手(チョキ) 


ロンドンは町が綺麗で人もかっこよくて、かわいくて撮りたい写真がいっぱいあるのですが、感覚としては東京で写真を撮っているような感じで、人を撮ったら怒られそうで、なかなか思うように写真が撮れてませんもうやだ〜(悲しい顔)

2011年07月29日

start!!!

只今、ロンドンにいます晴れ
こっちは夜の10時です三日月
やっと暗くなりましたが、夜9時過ぎまで夕方のように明るいので日本人の僕からしたらとても変な感じがしますたらーっ(汗)

日本との時差は8時間でしょうかexclamation&questionみなさんは、もうそろそろ起きて仕事に行く時間ですねふらふらあと1日頑張ってください晴れ

インドとの時差も4時間半あって、昨日の夜は10時過ぎには眠くなり、今朝は5時に起きちゃうなど、初めての時差ボケ体験にちょっと困惑してますあせあせ(飛び散る汗)

ロンドンはインドと違って、町が綺麗だし臭くないし宿も綺麗だし空気も綺麗だし、クラクションがうるさいむかっ(怒り)ってこともないし、ボルヴィックも安いし、ビールも150円ぐらいと安いし結構満足してまするんるんお腹もだいぶ調子良くなってきたしぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

ただ、仕方ないことだけど物価が高いのがやっぱり難点ですたらーっ(汗)週末になると宿の値段も上がるらしく、今いるドミにもう一泊すると一泊3000円ぐらいのお金が必要でたらーっ(汗)だからもっと安い宿を探して移るか考え中です雨


アジアとはお金の減り方が全然違うので、結構苦戦してますたらーっ(汗)バッド(下向き矢印)
だから今日から自炊生活初めてみましたキスマークぴかぴか(新しい)
ちなみに今日はペンネを茹でてトマトベースのパスタソースをかけただけのものわーい(嬉しい顔)

今後のことを考えるとこれから自炊生活頑張らねば〜パンチって、感じです雨










2011年07月27日

負けました・・・・・。

そうですたらーっ(汗)

僕はインドに負けましたあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)悔しいですもうやだ〜(悲しい顔)

本来の予定なら次のデリー→ロンドンのフライトが7月31日で、インドのコルカタ〜デリー間をじっくり2週間かけて堪能する予定だったんですが、土曜日にデリーinして、月曜日にJALの代理店に行き、火曜の8時15分デリー発の便に変更してもらいました手(チョキ)

悔しいですが、やっぱりインドの食べ物が腹に合わないらしく(油がいけないのかな〜?)、前にブログに書いたような酷い下痢ではないんですが物を食べるとすぐにトイレに行きたくなってバッド(下向き矢印)ミネラルウォーターを飲んでも、トイレに行きたくなって、とにかく口に物を入れると腹がギュルギュル〜って、そんな感じふらふら
日本みたいに食べ物の種類もいっぱいあるわけじゃないから、油を少しでも使ってなさそうな物を探して食べるような生活バッド(下向き矢印)


だから、月曜の昼にJALの代理店に行ってフライトが変更できた時は嬉しかった〜ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
これでインドを脱出できるわーい(嬉しい顔)って思うと月曜の夕方とか夜はウキウキで晴れ

肉体的にも、精神的にも結構参ってたらしく自分でも想像しないぐらいにテンションが上がっちゃいましたるんるんグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


やっぱり写真は自分の心境が現れるらしく、月曜の夕方にデリーの路地裏を撮った写真は久々に撮ってて楽しかったですグッド(上向き矢印)


インドのマックも怪しい

月曜の昼はマックひらめき
マックのハンバーガーまでカレーの味がしますたらーっ(汗)インド人に警戒しまくってると、このマックの人。ドナルドだっけ?この写真もなんだか怪しく見えてきます晴れ

チャイ屋の少年と友達

チャイ屋の少年晴れおいしいチャイを入れてくれましたるんるん

デリーの駅前のうまいラッシー屋さん

お気に入りのラッシー屋のおじちゃんわーい(嬉しい顔)これで胃が助かった〜ひらめき

街角でアイロンをかけてるおっちゃん

街角でアイロンをかけてるおっちゃんぴかぴか(新しい)昭和初期のアイロンみたいに、アイロンの中に炭を入れて使いますぴかぴか(新しい)

夕方5時の路地裏の風景

夕方になると街角では油の臭いがいっぱいたらーっ(汗)元気ならいいけど、腹が調子悪いとちょっときついたらーっ(汗)

路地裏の裁縫屋のおじちゃん

裏路地で見つけたかわいい3人組

三人で写真撮って撮って〜exclamationって、寄ってきてくれましたるんるん

3人仲良し

デリーの安宿街。

デリーの安宿街のメイン通り。とにかく汚い雷


こんな感じでインドは終わりです手(チョキ)
インドの人や町の汚さ、空気の悪さは嫌いだけど、インドの建築物や神聖な場所は結構好きで、まだまだ行ってみたい所がいっぱいあるので、いつかまた時間を作ってインドにリベンジしたいと思いますむかっ(怒り)パンチ

2011年07月26日

思った以上に良かった!!

強行スケヂュールで土曜日にタージマハル行ってきましたexclamation×2exclamation×2

バラナシを金曜日の18時過ぎ発の電車に乗って、朝6時半にアーグラに着き、駅のクロークで10ルピーで荷物を預かってもらって、いざタージマハールへるんるん
バラナシで会った旅人情報によれば2時間も見てれば満足だろうと言う話に乗り、その日のうちに再度電車に乗り込みデリーまで行くことに、3人で決定晴れ

しかし、いざ目の前で見てみるとタージマハールは思った以上にでかいexclamation×2exclamation×2そんでもって、真っ白で綺麗ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


時間の関係でざっくりとしか見れなかったけど、タージマハールを見ながら、もうちょいのんびり午前中ぐらいぼけーっとしたかったなぁもうやだ〜(悲しい顔)って、感じですあせあせ(飛び散る汗)

オートリキシャーで再度アーグラ駅に戻って、荷物を回収exclamation×2そのあと、別のアーグラカントー駅に移動し、14時発の電車でデリーに向かいましたダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

アーグラ駅に戻る途中で見たアーグラ城もでかくて立派でるんるん
せっかくここまで来たらゆっくり見たかったなぁたらーっ(汗)
ちょっと失敗したかももうやだ〜(悲しい顔)

でも、世界遺産だからってタージマハールの入場料に750ルピーはちょっと高すぎでしょ。
別で、アーグラ城も入ったとしたら+250ルピーだってたらーっ(汗)

total1000ルピーexclamation&questionexclamation&questionexclamation&question

せめて、75ルピーでセット価格にしてよ〜あせあせ(飛び散る汗)って思いますたらーっ(汗)あせあせ(飛び散る汗)

タージマハル

なかなかこれだっexclamationっていう写真が撮れなくて粘ってたら、晴れてきてくれましたわーい(嬉しい顔)


まさとととともと一緒に

カオサン通りで会ったまさととブッダガヤーで会ったともと一緒に晴れ補正かけたけど、まだまだ顔が暗いですねふらふら


タージマハルから見た川と空

タージマハールの裏の川と空が綺麗で撮ったんですが、あんまり表現できてませんねたらーっ(汗)

2011年07月22日

洗礼

インドの洗礼を受けました。

そう・・・下痢ですたらーっ(汗)


ガヤーに早朝ついて、宿をwelcome GHに決めてから、まさとと朝飯を食べに行くと同じホテルに泊まってる、トモとカナちゃんと知り合って、一緒にオートリキシャーを乗り合いしてセーナ村とトトロの木と
前正覚山を見に行くことにるんるん

インドの日差しもとにかく暑いたらーっ(汗)それでもって、なんだか湿気が多くてじめじめたらーっ(汗)

セーナ村はのどかでいい感じの所。
着いた瞬間に子供がどっからともなくいっぱいでてきて、ここはなんだかいい場所だな〜わーい(嬉しい顔)
と、思ってたのに、
「Halloexclamation×2」「ルピー、ルピーexclamation×2
「where are you fromexclamation&question」「ルピー、ルピーexclamation×2
手を繋いできては「ルピー、ルピーexclamation×2

なんだこの子達はexclamation&question
どいつもこいつも全然かわいくないっっっexclamation×2
(まぁ、中には金exclamationexclamation×2って、言わない子もいるんですけどね。)

セーナ村からトトロの木まで3kmぐらい歩くんですが、ずっとそんな感じで付いてくるダッシュ(走り出すさま)

トトロの木と呼ばれる木も楠木ではなくて、ガジュマルの木なんですが、すっごい大きくて地球の歩き方に
「この木の下なら旅人でも悟りを開けそうなそんな気になります。」
って、書いてあった通り、そんな気持ちで瞑想したい気分なのに、子供がうるさいむかっ(怒り)

トトロの木の下でもっとのんびりしたかったのにそそくさと撤収もうやだ〜(悲しい顔)

そのあと、ブッタが乳粥をもらった所を見て、そのすぐ前にある学校を4人で訪問。
この学校は日本人が造った学校らしくった学校らしいです。

20ルピーだけ寄付して次の目的の前正覚山へexclamation×2

ここがとにかく遠いたらーっ(汗)オートリキシャで揺られること40分。いや、一時間ぐらいかなexclamation&question
道が悪路なので、座ってても体が痛い、痛いたらーっ(汗)

ようやく着いた前正覚山はまたでかいexclamation×2中腹まで登って洞窟に入ると、目の前には仏様が。
正座してみると耳が痛くなるくらいの、静けさで、もう少し居たかったけど、体力的にきついので帰ることにダッシュ(走り出すさま)


昼飯はホテルの近くに戻ってレストランでポテトカレーとぺらぺらのナンをオーダー晴れ
今思うとこの昼飯が良くなかったじゃないかな〜exclamation&question

昼飯後にマハーボディー寺院を散策晴れ
入場料は無料なのにカメラ持込は20ルピーバッド(下向き矢印)なんでexclamation&questionしかも特に撮るものないしたらーっ(汗)

ここはブッダが木の下で悟りを開いた所ぴかぴか(新しい)色々な人が木のそばで瞑想しています。
僕もこの木のそばで座ってみたんですが、静かで心地いいぴかぴか(新しい)


夕方5時からは近くに日本寺があるので、4人で行って座禅を組むことにるんるん
(ただ、この辺りから腹の調子が悪くなり始め・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

座禅は久しぶりに心を落ち着けられて良かったるんるん
座禅が終わってから少しすると、腹がぎゅるるるる〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
急いでお寺のトイレに駆け込んで、一安心わーい(嬉しい顔)

お坊さんにお礼を言って、帰ろうとするとスポーツドリンクの粉末を3つもらいましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)これが、とっても嬉しかったるんるん

ホテルへの帰り道の途中も、腹痛に襲われ、ダッシュでホテルのトイレへダッシュ(走り出すさま)
もう横になってないとしんどくてふらふらあとはひたすらベットとトイレの往復ふらふら

今回のは今までのとはちょっと違うっexclamation×2まずいっexclamation×2って、思ってこの旅初めての正露丸の登場exclamation×2exclamation×2
良く読むと、「食後にお飲みください。」
って、書いてあるじゃんかexclamation&question

あんまり食べたくないけど、仕方なくトーストを食べて正露丸と熱が38℃あったので風邪薬を飲んで横になってるしかないたらーっ(汗)
喋る気もしなくて、この旅2回目のホームシックになりました雷日本じゃなくてもいいから、せめてバンコクに戻りたいたらーっ(汗)

そのあと何度も便所へ行って、少し正露丸が効いてきたところで、シャワーを浴びてとっとと寝ようとしたら、今度は同じ部屋で寝てるまさとが、
「あっっexclamation×2exclamation×2ダニっっexclamation×2
って、一言で飛び起きて確認すると、確かにダニっぽい奴が・・・たらーっ(汗)
彼は、バンコクでベットバグ(ベットにダニがいて噛まれること)を体験してるので、
「ダニじゃないよexclamation気のせいだよ〜。」って言って寝ることもできず・・・・・ふらふら

考えた末をマットをベットを降ろして、板の上で寝てましたバッド(下向き矢印)
まぁ、案の定トイレの往復と板の硬さで全然寝れずに朝3時に起床・・・・・。

その次の日もずっと腹痛に悩まされバラナシへダッシュ(走り出すさま)

今はもう治りましたが、かなりしんどかったですたらーっ(汗)
やっぱりインドで腹やられましたもうやだ〜(悲しい顔)


セーナ村の子供とかなちゃん

かなちゃんは子供に一番人気です。やっぱり女の子だからね晴れ

トトロの木

でかいですぴかぴか(新しい)木の下にいるとなんだか落ち着きます手(チョキ)

なに?なに??

セーナ村の子供ですひらめき中にはいい子もいますねわーい(嬉しい顔)

授業中の子供達

学校の授業中の子供達晴れ
もっとスマイルスマイル〜exclamationって、ジェスチャー付きで伝えたら、なぜかこうなっちゃいましたわーい(嬉しい顔)まあ、いいっかるんるん

マハーボディー寺院

マハーボディー寺院2

体調が良ければ、僕も木の下で瞑想したかったなぴかぴか(新しい)


keitga_MAPTIME.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。